住友重機械ファインテック株式会社 は精密平面の創成(平面研削盤)・精密位置決め(アンジュレータ)・加工環境浄化(クーラントシステム)の分野で顧客価値の向上を図ることを事業目的とする企業です。

お客様との信頼関係を事業運営の基本に置き、住友精神と住友重機械の経営理念の下、半世紀にわたり蓄積された当社固有の技術、絶え間なく継続している技術開発と生産革新、住友重機械との価値連鎖により最良の製品をお客様に提供します。

 
     
     

会社概要

     
名称 住友重機械ファインテック株式会社
設立 平成12年10月2日
資本金 3億円 住友重機械工業 (株) 100%出資
代表者 代表取締役社長 松木信雄
従業員 200名
所在地 〒713-8501
岡山県倉敷市玉島乙島8230番地

ISO9001
[対象商品]

    研削盤の設計及び製造、
    据付及びアフターサービス
    ・クーラント処理装置の設計
    及び製造
    ・切粉処理装置の設計及び製造

ISO14001

住友重機械工業 (株)
岡山製造所として取得
     

沿革

1960年 浦賀玉島ディゼル工業 (株) 産業機械部門 において東芝機械 (株) と技術提携し、KPL (当時) を製作開始 1956年 クーラント機器の製作開始
1960年 浦賀重工業 (株) 設立
1969年 住友重機械工業 (株) 設立
1974年 米ブランチャード社と技術提携し、RSB(当時)を製作開始
1984年 米ブランチャード社と技術提携満了 RSB→SVR 発売 1983年 切粉処理装置の製作開始
1986年 超精密機 KSX、コラム型 KSH 発売
1989年 東芝機械 (株) と技術提携満了 KPL→KSL 発売
1993年 クロスレール固定型 KSL-F 発売
2000年 住重ファインテック (株) 発足 2000年 アルミ専用クラッシャーの製作開始
2002年 新型マグネットセパレータ「ファインマグ」販売(グッドデザイン賞受賞)
2003年 住重ファインテック (株) とオーツカ機器 事業統合
2006年 住友重機械ファインテック株式会社 社名変更


事業内容

工作機械 各種精密平面研削盤・立軸多面研削盤
一般機械 放射光設備 ・ 超精密工作機械 NC 化およびレトロフィット
クーラントシステム クーラント処理装置、切粉処理装置