フロアマグネット式セパレータ



低コストのフロアマグネット式

本機は、タンクの底にマグネットをしきつめ、沈降する切粉にマグネットの吸引力を加えてタンク下面に強制的に沈下させ、かきあげコンベヤーで機外に搬出します。クーラント液は、この底面上をゆっくりとフロアマグネットに均一に接しながら流れるので磁性スラッジだけでなく、非磁性のスラッジをも巻き込んで沈下します。



特徴

  • ダーティタンクとクリーンタンクが同一タンクですから、ランニングコストは、クリーンポンプのモータとコンベヤーのモータの電力料だけですみます。

内部詳細

  • フロアマグネットは合理的に敷きつめられていて、どの位置でもほぼ平均した吸着力を持つとともに磁力線は上面のみに集中しています。
  • コンベヤー過負荷検知には、トルクリミッター方式による安全装置を付属しています。

構造

  • ダーティタンクとクリーンタンクはタンク下部だけで連絡するよう案内板を設けてあり、タンクの底部にはフェライト磁石を配列し、その上面をコンベヤーでかき取っていく構造となっています。
  • クーラント液は全量が磁力線の範囲をゆっくり通過し、クリーンタンクへ流れます。その間に液中の磁性切粉およびスラッジは自然に、あるいは強制的に沈下し、タンクの底部にある磁石により磁性物は強制吸着され、また磁性物に付着している非磁性粒子も同時に磁石に吸着し蓄積されます。
  • 底面上に蓄積された切削切粉やスラッジはかき上げコンベヤーのかき板により集められながら上部の取出口より搬出されます。
  • なお液の表面に浮遊しているスカムなどは、DS型オイルスキマーを設置することにより容易に取り除くことができます。
  • クリーン液は、クリーンポンプにより機械に送られます。

用途

  • 鉄系 (SS・SC・FC・特殊鋼)の各種機械加工用クーラント液の濾過。

FM-100型



内部詳細



クリックで拡大図

形式 型式
FM-100 FM-150 FM-200 FM-300 FM-400 FM-600 FM-800 FM-1000
流量(㍑/min) 100 150 200 300 400 600 800 1,000
タンク容量(㍑) 300 450 600 900 1,300 1,900 3,000 3,700
コンベイヤー及びタンク寸法 A 1,800 2,000 2,200 2,300 2,600 2,850 3,900 4,100
B 1,000 1,000 1,000 1,000 1,000 1,600 1,600 1,600
C 487 487 487 487 487 487 487 685
D 1,487 1,487 1,487 1,487 1,487 2,087 2,087 2,485
E 500 500 500 600 600 700 700 900
F 1,850 2,050 2,250 2,350 2,650 3,500 4,000 4,200
G 300 300 400 450 500 600 600 800
H 950 1,250 1,000 1,200 1,450 1,350 1,800 1,550
I 1,300 1,500 1,750 1,900 2,150 2,700 3,200 3,350
J 50 50 50 50 50 100 100 100
K 450 750 500 700 750 650 1,100 650